沖縄本島から
離島、海外まで
活躍のフィールドが
幅広い

PROFILE

運営統括グループ 挙式チーム

秋元 愛美(2014年入社)

Messageメッセージ

無限に挑戦できる可能性に惹かれ
自らの直感を信じて入社

「ここで働いたら楽しそう」。業種を絞らずに開始した就職活動でしたが、不思議なことに当社に出会った瞬間、真っ先に浮かんできたのがその言葉でした。後にさまざまな媒体で当社を徹底的に調べ上げた結果、プランナーやコーディネーター、カメラマンやメイクアップなど、社内には幅広いキャリアステップがあり、希望すれば国内外で活躍できる可能性を知り、「ここで働いたら楽しそう」が、「ここで絶対に働きたい」と思うように。自分の努力と意欲次第で社会人になってからの経験範囲が広がるという点は、好奇心旺盛な性格の自分にとってはまさにぴったりの会社でした。

面接ではその想いを全力で伝え、エリスリーナ西原ヒルズガーデンのプランナーとしてスタート。ドレスサロンの新設に伴い、最高の一着をお届けするドレスコーディネーターに転属となりました。

新たな知見を求めて異動を希望
より広い視野でレベルアップ

ドレスコーディネーターの主な業務は、ゲストの要望を丁寧にヒアリングし、体形・身長も考慮したドレス選びのお手伝い。挙式の半年ほど前から打ち合わせがはじまり、ホワイトドレスや白無垢など合計3着ほどを決定します。式が近づくにつれてゲストとの距離も近づき、特別な友人に接するような想いを抱きながら、大きなやりがいを感じられる仕事です。

その後、自らの知見をさらに広げたいとの考えから希望を出し、チャペルコーディネーターに異動。ドレスコーディネーターはゲストと長い時間を共有する一方、チャペルコーディネーターは式の前日と当日の2日という短いお付き合い。どれほど深く関われるのか不安な思いもありましたが、人生で最も輝く瞬間を共有することができ、全幅の信頼を寄せていただけることにただただ感動。また、挙式を違う角度から見ることで新たな学びを得ることが出来ました。

沖縄本島から宮古島へ
頼れる仲間と共に仕事を楽しむ

チャペルコーディネーターとなって1年、チャペルリーダーに昇格すると同時に沖縄本島から宮古島へ。現在は総勢8名のメンバーと共に日々多くのゲストを迎えています。全員個性的なキャラクターですが、困難にぶつかった時こそチームワークは抜群。互いを支え合うマインドに溢れ、辛い時ほど良い意味で「放っておいてくれない」メンバーばかりです。異動のタイミングで新チャペルの完成も重なり、手探り状態が続きましたが、皆で相談を重ねて乗り越えられたことは貴重な経験となりました。

入社6年目を迎える今でも仕事が嫌だと感じたことは一度もなし。ずっと楽しいと思い続けることが出来ているのは、温かなメンバーの存在と、さまざまな経験によって積み重ねてきた自信があるからこそ。今後も自らが率先して仕事を楽しみ、その想いが周りに波及するようにチームワークを高めていきたいと思います。

1日のスケジュールDaily schedule

略歴

2014年4月入社
エリスリーナ西原ヒルズガーデンにてプランナーとして配属
2014年8月
エリスリーナ西原ヒルズガーデン ドレスサロンの新設に伴いドレスコーディネーターへ転属
2016年8月
アクアグレイス・チャペルのチャペルコーディネーターに異動
2017年8月
チャペルリーダーに昇格。宮古島に赴任し、
シギラミラージュ ベイサイドチャペルとアラマンダ チャペルにて活躍中。

オフタイムOff time

趣味と仕事を兼ねて宮古島の
グルメや観光スポットの魅力発掘

挙式を終えたゲストからおすすめの観光名所を尋ねられる機会も多いため、休日は海へ行ったり、気になるお店を訪れたりと宮古島の最新情報を集めています。カッコよく言うと「視察を兼ねたカフェ巡り」といったところでしょうか(笑)。宮古島への転勤組は、会社が用意してくれる同じアパートに暮らしているため、夜は仲間と一緒に飲みに行くこともあります。また、沖縄ワタベの同僚だけでなく、チャペルのあるシギラリゾートのホテルスタッフやカメラマンと一緒にBBQを楽しむ時も。離島ならではの景色とゆったりとした島時間に癒されています。

他の先輩を見てみる

Interview
pagetop